一口馬主でのんびり楽しむ~ときどき馬券~

一口馬主で、ほどほどの出費で楽しむすべを研究します。

有馬記念予想

いよいよ今年も有馬記念の時期になりました。

いちおう28日の開催が残ってはいるものの、有馬が終われば今年の競馬が終わりと思っている人は多いでしょう。

 

さて、そんな中で、今年の有馬記念の1番人気はレイデオロです。

昨年のダービー馬で、秋天も制していますので、この人気は妥当と言えましょう。

また、そのダービーで、途中からまくっていき、かつ前目につけたところで直線まで待機という離れ業をしていることからもわかるように、操縦性の高さも大きな利点です。

ローテンションも理想的で、不安要素と言えばゲートくらいですが、これも古馬になってからは大きく出遅れていませんので、それほど大した不安要素にはならないでしょう。

馬連で買うのであれば、軸にしたいところです。

2番人気はオジュウチョウサンですが、まあはっきり言えば過剰人気でしょう。

障害では確かに圧倒的な強さでしたが、前走は1000万下で1/2馬身差1着ですので、基本的には1600万下クラス、あるいはぎりぎりオープンクラスという程度の馬と見ます。

3番人気はキセキ。

確かに強い馬ですが、10月に入ってから4走目というローテーション(しかも全部東京への遠征)で、かつ外枠の先行馬ということで、かなり不安要素は多いです。

実質2番人気で買うにはリスクが高いかな。

 

私が今狙っているのはマカヒキです。

前走は秋天7着といいとこなかったですが、これは出遅れたことが大きく影響しています。高速馬場での出遅れはかなり厳しい。

9か月の休み明けで札幌記念2着に来ており、そのときの1着が秋天2着のサングレーザー、3着が今回上位人気のモズカッチャンであることを考えれば、単勝30倍台の人気は舐められすぎだと思います。

それに今回は騎手が岩田に代わっており、思い切って前に行く、あるいは後ろからイン強襲といったバクチに出ることが考えられます。

軸はともかく、相手としては面白いでしょう。

 

あとは内枠のクリンチャー、パフォーマプロミス、サトノダイヤモンドあたりにも注目しています。モズカッチャンはちょっと過剰人気な気がするので、抑えまでかな。

そのほかでは、実績のわりにまるで人気のないミッキーロケット、シュヴァルグランあたりも抑えるかもしれません。

クロスパール、デビュー

私の3頭目の出資馬、クロスパールがデビュー。

馬体重が低かったり、調教師が弱気だったりで、あまり人気にもならなかった(16頭中9番人気)ので、それほど期待もしていませんでした。

 

レースでは大きく出遅れ、後方2番手を追走したのですが、直線で大外から凄い脚を見せました。

結果は2着。

1着馬には9馬身離されましたけどね(笑

 

ともかく、期待を良い意味で裏切ってくれました。

この後は放牧のようですが、年明けの2戦目にも期待が持てそうです。

 

それにしても、私の出資馬、これで3戦連続デビュー戦2着です。

それ自体はいいんですけどね。2頭はその後結局勝てずに終わってますから。

この馬だけは3度目の正直と行きたいものです。

GIや重賞なんてでかいことは言いません。何とか1勝させてくださいお願いします。

天皇賞秋予想

天皇賞は珍しく前日買いしました。

それも久々の単勝1点買いです。

サングレーザーの単勝2500円。

 

巷ではモレイラがGIでは弱いとか言われてますが、そんな悪評を吹き飛ばしちゃってください。

ちなみにスプリンターズSはともかく、菊花賞はどう考えても馬の問題だと思ってます。

菊花賞結果

菊花賞は外しました。

軸を決めきれず、迷いに迷って、5頭馬連ボックスという単勝派にあるまじき買い方をしました。

ちなみにエポカドーロ・エタリオウ・ステイフーリッシュ・メイショウテッコン・グレイルです。

で、連対どころか、掲示板に入ったのがエタリオウだけという(汗)。

 

まあそれはいいんです。それよりも、勝ったのがフィエールマンというのに驚きました。

フィエールマンと言えば、サンライズシェルを新馬戦でクビ差破った馬ではないですか。

yokun03.hatenablog.jp

 

当時から強い馬だとは思っていましたが、まさかここまでとは。

ていうかそんな因果があったにもかかわらず、菊花賞でフィエールマンの単勝はおろか馬連の相手にも入れられなかったのが情けない。

それも思いつかなかったとかではなく、上のことがあるので感情面で買おうかなとか思いつつ、いやいやシビアに行こうと思った結果でした(関東馬・休み明け・キャリア3戦と、買う要素のほうが少ないように見えたので・・・)。

 

そういや今更ですが、フィエールマンは上記の新馬戦、かなり厳しい抽選(確か8分の1くらい)を潜り抜けて入ったんですよね。

あれが落ちてれば、サンライズシェルは勝っていたかもしれないなあとか、フィエールマンは菊花賞勝ててなかったかもしれないなあとか、色々思うわけであります。

まあGI馬はそういうところで持ってる馬なんでしょうね。

菊花賞予想

一口馬主関係で書くことがあまりに無いので、今週も菊花賞予想をアップします。

 

ちなみに、勝ち馬から考えて、ある程度狙える場合には単勝を、オッズ的に低すぎるとか絞り切れない場合には馬連を使うのが私のスタイルです。

先週はアーモンドアイから流して外しました(汗)

 

では、そのスタイルから今年の菊花賞を考えます。

 

まずは一番人気のブラストワンピース。

正直、不安点が多いですね。

ダービーは5着。直線でなかなか抜けられなかったのは確かで、それがなければ勝ち負けだったかもと思うところはあります。

ただ抜けられなかったのは、序盤で出遅れて内に突っ込まざるを得なかったからで、一概に騎手のミスとも言い難い。

結局5着が相応な実力と言っても誤りではない。

またそのあと、新潟記念を勝ってますが、これははっきり言ってしまえば相手が弱い。

おととし、前走で札幌記念3着のレインボーライン菊花賞で2着に突っ込んできましたが、モーリス・ネオリアリズムヌーヴォレコルトあたりを敵に回しての3着と、メートルダール以下を破っての1着では、普通に考えれば前者の価値が上でしょう。

そういうわけで、この馬が本当に強いかには疑問符が付きます。

あと最大の不安要素は調教師。大竹調教師は、はっきり言って腕を信用していません。

重賞ならともかく、GIでこの人の管理する一番人気馬を買う気がしません。

 

次に2番人気のエタリオウ。

まあ色々と買う要素はあります。最重要トライアルである神戸新聞杯2着とか、ダービー4着とか。

しかしそもそも、善戦マンは、私のスタイルからは外れるんですよね。馬連の相手としては大いにありでしょう。

 

3番人気。エポカドーロ。

皐月賞馬でダービー2着馬のわりには、人気を落としてます。

距離不安と前走着順、それに鞍上のせいでしょうが、前者は父オルフェーヴルは言うに及ばず、母父フォーティナイナーも別に短距離馬というわけではない(ダート中距離)ので、そう気にしなくてよいかなと。

前走は、明らかにスタート直後に躓いたせいですよね。もともと休み明けはまともに走らない藤原厩舎ですし、ノーザン系出身でもありませんから、休み明けで躓いて4着ならそう悪くありません。

鞍上は私も不安です(笑)が、そこは賭けるしかないですよね。

私の不安点はもう一つ、春の実績馬が菊で惨敗(例:ワンアンドオンリーアルアインアンライバルドなど)ってのはよく見かけるので、その辺もありますかね。

ただ5倍くらいつくなら、チャレンジする価値はあるかもしれません。

 

後はトライアル上位馬と1000万下圧勝(前走で)馬が何頭かいますが、基本的には前者を上に見てます。

後者は毎年そこそこ人気するんですが、連対したのはスリーロールス以来いないのでね。少なくとも勝ち馬候補としては見ないほうがよいと思ってます。

 

なので、メイショウテッコン・グレイル・ジェネラーレウーノあたりに、上で挙げたエポカドーロを加えた4頭を、今のところの勝ち馬候補としてみてます。

ちなみにメイショウテッコンの不安点は、控えた時にちゃんと走れるのかということ。ラジニケでは控えて勝ってますが、さすがにラジニケとGIではだいぶレベルも違うでしょうからね。

グレイルはそもそもの実力と、追い込み馬ということ。

後者は、最近菊花賞では差して勝つ馬も増えてきてますし、何とかなる気もしますが、前者はどうでしょうか。もう少し要検討です。

ジェネラーレウーノは、同型が多数いることと、あと関東馬(17年?勝ちなし)というところでしょうかね。

あと15時間ほど、ゆっくり考えます。

秋華賞予想

秋華賞はアーモンドアイの1強ムード。

前日オッズで単勝1.2倍ですって。

春二冠を圧勝してますから、それも当然かな。

 

アーモンドアイに死角がないわけではありません。

オークス以来走ってないわけですから。

休み明け云々以前に、馬が一番成長するこの時期に、5か月間レースに出てないのですから、その間の成長がわからないというのは十分な死角です。

 

まあ、とはいえ、オークス以降まったく成長しなかったとしても、来年はともかくこの秋華賞時点でアーモンドアイを抜かすほど成長した馬がいるかというと、たぶんいないと言わざるを得ないでしょうね。

 

従って、負けるとしたらもう展開のあやしかないでしょう。前崩れとか前残りとか極端な出遅れとかね。

 

さてアーモンドアイのことはいったんおいといて、このレースの展開を予想するに、かなり早くなるんじゃないかと思います。

逃げを公言しているオスカールビーに、かかるところがある逃げ馬ミッキーチャーム。それに生粋の逃げ馬ではないものの前走逃げたゴージャスランチやランドネ。

そして直線に入るまでにアーモンドアイとの差を広げておきたいカンタービレやラッキーライラックなどの有力馬、直線までに大きく離されたくないアーモンドアイの鞍上の騎手心理を考えると、早くなる可能性は高いでしょう。

そうすると、前にいた馬は崩れるんじゃないかと予想します。

 

ということで、今回は差し馬を狙います。

今のところの第一候補はプリモシーン。

春GI2戦は包まれまくって着順を落としましたが、まともならもっとやれていたはず。夏に古馬を撃破しているのも好材料

多少距離が長いかもしれませんが、この時期なら2000mもこなすでしょう。

続いての候補はサラキア。

前走ローズsも、その前の500万下も、堅実に追い込んでいます。

極端な出遅れ癖さえなければ、本命にしたいくらいです。

基本はこの2頭のどっちかとアーモンドアイの馬連

それに単勝を少し買います。

レプトンは骨折

今年の2歳馬2頭のうち、レプトンは骨折したようです。

手術はせずにしばらく保存療法とのことなので、それほど重い骨折ではないと思いますが、年内デビューは難しくなりました。

 

キュンメル・・・未勝利引退

サンライズシェル・・・2歳で骨折、未勝利引退

レプトン・・・・2歳で骨折

 

うーん、これだけ続くと、さすがにキャロットとは相性悪いのか、それとも私の運が相当悪いのか、疑ってしまいますね。

 

唯一頑張ってるクロスパールはデビューに向けて調整中ですが、空港にいたころと比べて30キロくらい体重が減ってます。大丈夫なのか。