読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主でのんびり楽しむ~ときどき馬券~

一口馬主で、ほどほどの出費で楽しむすべを研究します。

キュンメルのレース結果とオークス予想

キュンメルが土曜日の1Rに出走しました。

今回は少し人気が落ちて2番人気だったのですが、着順は・・・7着と大幅に落としてしまいました・・・。

特段不利があったわけではないので、単なる展開のあやと周りが強かったのと両方ですね。

秋までに初勝利を挙げられるか、だいぶ不安になってきました。

この後はいったん放牧でしょうから、あと出られるレースは3~4R程度しかなさそうです。そこで勝ち切れるかどうかですね。

 

気を取り直してオークス予想。

土曜日を見る限り、かなりの高速馬場となっております。皐月賞時の中山みたいな感じですね。

当然のことながら前有利です。

そうすると、エンジンのかかりの遅いリスグラシューにはきつい馬場だと思うので、ここはバッサリ切ります。

前走は少し馬場が味方したと思ってるので、今度は馬場が敵に回るとすると、2着以内はちょっときついだろうと。

次にアドマイヤミヤビ。これはさらに自信をもって切ります。

前走12着なのに3番人気ってオッズの問題もあるんですが、それ以上に調教が気に入りません。

桜花賞後、ここまでほとんど軽い調教しかしていないのは状態が悪いからなのではないか? 前走の惨敗もそもそも調子落ちが原因では? などと疑っています。

これがメイショウマンボ並みに人気が落ちるなら一応押さえても良いのですが、3番人気で買う気にはなりません。

 

本命はソウルスターリングです。

桜花賞の時ほど自信を持っているわけではなく、むしろ絶対能力には疑問が生じましたが、今回は馬場が味方してくれるだろうと。

高速馬場はアイビーsやチューリップ賞で経験してますし、何より前回負けたことで、ルメールが思い切って乗れるようになることが強み。内枠も引いてますので、ここは前のポジションを取りに来るはずです。逃げまではしないとしても、2~3番手あたりをとってくることは十分考えられます。そうしたときにこの馬場は確実に味方となるでしょう。

不安要素は厩舎です。藤沢厩舎がいつも馬なり調教しかしないのは有名で、才能でとれる2歳戦や、積み重ねの調教で勝てる古馬戦と違い、3歳クラシックは馬なり調教では勝てないのではないか?という不安があります。

ただ去年チェッキーノも2着に来てますし、もともとの才能に馬場が味方するとなれば、その不安も吹き飛ばしてくれるのではないかと期待しています。

 

相手ですが、2番人気・3番人気を切ってしまったので、ある程度手広く買いたいと思います。

まずはモズカッチャン。フローラSは相手が弱く、かつ内有利の馬場だったとはいえ、直線不利がある中でしっかり差し切ったことを評価したいと思います。

次にフローレスマジック。フローラSは不利な外枠からよく残しました。アルテミスでリスグラシュー、クイーンCでアドマイヤミヤビやアエロリット、レーヌミノルと互角の戦いをしてるので、実力に関しては申し分ありません。瞬発力勝負も望むところ。不安は鞍上でしょうか。

それからディアドラ。桜花賞の後に出走し中1週ローテという強行軍ですが、こうした強行軍がとれるのは具合がいいから。桜花賞の差し脚をみても、十分勝負になるはずです。イチかバチかの騎乗をするであろう鞍上もプラス材料。

あとは前残りを期待してヤマカツグレース、高速馬場適性を期待してブラックスビーチ。相手はこの5頭で勝負する予定です。

ちなみにレーヌミノルは距離で落としました。確かに距離不安のある馬が良く来るレースではありますが、この馬は1600mのレースでも最後は失速しており、前走は馬場の恩恵を受けて粘りましたが、基本的には1400mがベストと見ます。2400mはさすがに長すぎる。

あとハローユニコ-ンは時々勝ち馬の出る忘れな草賞の勝ち馬ですが、今年は稍重馬場での勝利で、その前の500万下も中山でかなり遅いタイムでの勝利なので、オークスには直結しないと見ました。

 

馬券はソウルスターリングから馬連流し。金額とどの相手に重きを置くかはこれから考えます。もしかしたら相手(対抗以下)同士の馬券も買うかもしれません。