読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主でのんびり楽しむ~ときどき馬券~

一口馬主で、ほどほどの出費で楽しむすべを研究します。

2016年募集馬事前選定(2)

2016募集馬選定

さて、募集馬選定第2回です。ナンバー11から21までを見ていきます。

まあ保留にした馬もいますが。

 

ピンクパピヨンの15(B)

兄弟は10頭いて、合計19勝。悪くない数字。

重賞馬まではいないものの、オープン勝ち馬もいる。

キンカメ産駒なんで値段がどうかだが、とりあえず候補には残したい一頭。

 

ブルーメンブラットの15(D)

兄弟は4頭いて、合計4勝。

2013年産(3歳馬)が1勝なのはいいとして、12年産が1勝、11年産が0勝、10年産が2勝。

全兄が0勝なのもちょっと気になります。

母馬にはマイルCSで稼がせてもらった恩があるのですが、ここはシビアにいきます。

 

リーチコンセンサスの15(D)

兄弟はまだ2頭。1頭はデビューしたばかり。もう1頭は未勝利のまま地方移籍。

父キンカメ、母父フレンチデピュティという血統は日本向きじゃない気がして(注:思い切り主観的な意見ですので気になさらず)、あまり好きじゃない。

 

クルソラの15

この馬が2000万以下というのはまずありえないと思うので、評価は後回し。

 

マルティンスターク

この馬も3000万以上行くっぽいし、そうでなくとも人気が集まりそうなので後回し。

 

データの15

この馬も3000万行く可能性が濃厚(昨年の全兄が3600万)なので後回し。

 

バロネスサッチャーの15(C)

兄弟は4頭いますが、1頭は地方馬で2頭はデビュー前なので何とも。

ちなみにもう1頭は3歳で2勝、重賞3着(函館2歳Sですが)もあり、悪くない。

ハーツクライ、母父ヨハネスブルグという血統からすると適性は中距離くらいか。

 

プロミネントの15(E)

兄姉が5頭。

未デビューの2頭はいいとして、残る3頭が、①未勝利のまま予後不良、②デビューできず、③3歳夏時点で未勝利と、いいところありません。

安いでしょうけど、あまり買う気は起きない。

 

リッチダンサーの15(A)

重賞3勝馬バウンスシャッセの弟。兄姉には5勝馬・4勝馬もいて、母は繁殖牝馬としてはかなり優秀。

ハーツクライとは初配合なのでどうかわかりませんが、ゼンノロブロイでもフジキセキでもホークウイング(知りませんけど)でも成功してるので、ハーツクライが全然ダメということはないでしょう。

期待できる一頭ですね。1歳上の姉は2600万円で出されてましたが、あまり変わらない値段であれば人気を集めそうです。まあ私には予算オーバーっぽいですが・・・。

 

1 ウルトラブレンドの15

2 ガヴィオラの15

3 ヒルダズパッションの15

4 アドマイヤキラメキの15

5 クリソブレーズの15

6 ココシュニックの15

7 ラドラーダの15

8 アヴェンチュラの15

9 シーザリオの15

10 ディアデラノビアの15

11 ピンクパピヨン(B)

12 ブルーメンブラット(D)

13 リーチコンセンサス(E)

14 クルソラ

15 シンハリーズの15

16 マルティンスターク

17 ジンジャーパンチの15

18 データ

19 バロネスサッチャー(C)

20 プロミネント(E)

21 リッチダンサー(A)

 

27 トゥザヴィクトリーの15

68 ティフィンの15