読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一口馬主でのんびり楽しむ~ときどき馬券~

一口馬主で、ほどほどの出費で楽しむすべを研究します。

出資馬を検討

資料が届きました。

想像以上にきれいなカタログです。

キャロットさんだけそうなのか、ほかのクラブもそうなのか、私にはわかりません。今更ですが、複数のクラブに資料請求してもよかったなと思います。

ただまあ、こういうのは縁とタイミングだし、キャロット自体に今のところ不満や不信感があるわけでもないので、キャロットさんの候補馬から馬を選びます。

と言っても、時期が時期だけに、2歳馬はもうほとんど満口。

残っているのは7頭。

で、入厩予定が、関東3頭、関西3頭、地方1頭。

自分が関東在住なので、どうせなら間近で見られる関東馬3頭から選ぶことにします。

値段は、1口3万円・3万円・4万円で、いずれもお手頃価格。

ティフィン14(3万円)、シャンスイ14(3万円)、ハンドレッドスコア14(4万円)です。

さてこの3頭のどれに致しましょうか。

まずハンドレッドスコア14は、キャロットさんのサイトを見ると、どうも脚元に不安があるような書きぶり。

ちゃちゃっと調べたところ、11月ころに捻挫のような症状が出て、それが続いているよう。捻挫が5か月も続くってよくわからないんですが、いずれにしても脚元に不安のある馬を買うような冒険はできないので、この馬は見送り。

次に、シャンスイ14は青鹿毛でとてもきれいな馬。サンデーサイレンスを彷彿とさせます。

ただ馬体が3月15日時点で415kgと小さいのが気にかかります。

牝馬とはいえ、この時期ならもう少し体重がほしいところ。

ティフィン14は、451kg。大柄とは言えませんが、シャンスイ14よりはだいぶ馬体重があります。

ゴールドアリュールで、母(1勝馬)が勝ったのもダートなので、ダート路線にいくことはほぼ確実でしょう。

牝馬は力の要るダートでは、どうしても牡馬に劣るのでどうかなという部分もありますが、まあ重賞やGI狙うのでなければ、牝馬限定戦なんていくらでもありますし、そう問題はなさそうです。

むしろダート牝馬ということで値段や人気が落ちるのならねらい目かもしれない。

ということで、ティフィン14を申し込むことにしました。

もう残り口数もだいぶ少ないようなので、間に合うかどうか。

申し込み結果が出ましたらまた更新します。